ひちめも

木のおもちゃ、絵本、時々好きなこと

絵本「バムとケロのさむいあさ」あらすじや感想

こんにちわ!ひちです(^^♪

今日は、寒い冬にピッタリの1冊、大人気のバムとケロシリーズの「バムとケロのさむいあさ」をご紹介したいと思います!
f:id:himawari3333:20190131154408j:image

「バムとケロのさむいあさ」情報

作・絵:島田ゆか

出版社:文溪堂

出版年月日:1996年12月

対象年齢:3歳~

価格:1,500円(税抜)

あらすじ

犬のバムとかえるのケロちゃんが仲良く暮らしています。

今日はとても寒い日。こんな日は、裏の池も凍ってるはずです。バムとケロはさっそく、スケートと釣り道具を持って池に出かけました。

すると、なんとあひるが池と一緒に凍り付いているではありませんか。バムとケロは大慌てであひるを助けてあげて、家に連れて帰りました。

あひるの名前はかいちゃん。

家でかいちゃんを温めてあげると、すっかり元気になり、3人で仲良く遊びました。

感想

バムとケロシリーズ3作目のおはなしです。

バムとケロシリーズが人気ということは知っていたのですが、実は読んだことがなかったんです。初めて読んでみて、しっかり者のバムと子どもらしく可愛いケロちゃんのやりとりに夢中になりました♪

あひるのかいちゃんが家にやってきて、嬉しくてたまらないケロちゃんがなんとも愛らしいです。かいちゃんと遊ぼうとおもちゃをたくさ出してきたり(散らかしたり笑)、トイレットペーパーでミイラごっこをしたり・・・と、バムからすると「あちゃー(ノД`)」と思うことをやらかしてしまうケロちゃんですが、いかにも子どもそのもの!という感じでとてもかわいいです♪

最後、かいちゃんが池に帰ってしまい、ショックで悲しむケロちゃんの気持ちにも感情移入してしまい、とてもよくわかります。

 

この絵本、バムとケロの日常や、かいちゃんがやってきたストーリーも魅力的なんですが、作者:島田ゆかさんが描く小さな生き物や可愛い雑貨、楽しいしかけも見どころの1つだと思います。

私も初めて読んだ時には気が付かなかったのですが、じっくり絵を見ると細かく描かれた楽しいしかけがいっぱいでした!

f:id:himawari3333:20190131154458j:image f:id:himawari3333:20190131154449j:image

1番初めに気づいたのは、こちらの小さな犬。ケロちゃんのおもちゃかな?と思ったのですが、寝食を共にしており、どうやら一緒に生活しているようです。
f:id:himawari3333:20190131154445j:image

かいちゃんを助ける場面では優雅にスケートして遊んでいます。笑

ストーリー自体には一切出てこないのですが、どのページにもこっそり存在している自由に遊ぶ小さなかわいい犬です。実は名前もついていて、「ヤメピ」という名前のようですよ(^^♪

 

他にもしかけがあるのでは?と細部まで見てみると、3本耳の不思議な子を見つけました。

f:id:himawari3333:20190131154532j:image

この子の名前は「おじぎちゃん」♪

作者:島田ゆかさんによると、3本耳のうさぎらしいです(#^^#)

f:id:himawari3333:20190131154524j:image

どうやらおじぎちゃんは、ヤメピとは違いバム達とは一緒には暮らしていないみたいです。勝手に上がり込んで自由に過ごしています。笑

一体いつからいたの?と、ページを戻るのもとても楽しいですよ(^^♪

どうやって部屋にきたのかは、ぜひ絵本を読んで確認してみてくださいね☆
f:id:himawari3333:20190131154528j:image

バムとケロ シリーズ

バムとケロシリーズは全部で5作品あります。

絵本自体はどの絵本から読んでも楽しめるのですが、作者:島田ゆかさんの楽しいしかけや細かい遊び心を楽しむには、出版順に読んでみるのもオススメです(^^♪

  1. バムとケロのにちようび
  2. バムとケロのそらのたび
  3. バムとケロのさむいあさ
  4. バムとケロのおかいもの
  5. バムとケロのもりのこや

さいごに

「バムとケロのさむいあさ」はいかがでしたか?バムとケロシリーズが好きな方も、まだ読んだことがない方もおすすめの絵本です!(^^)!

お子さまとイラスト細部に描かれたしかけを見ながら、楽しい絵本タイムをすごしてみてくださいね♪

絵本「ポルカちゃんとまほうのほうき」あらすじや感想

こんにちわ!ひちです(^^♪

今日は前回紹介した「まじょのケーキ」に続くポルカちゃん絵本の2作目「ポルカちゃんとまほうのほうき」をご紹介します。

f:id:himawari3333:20190125204632j:image

「ポルカちゃんとまほうのほうき」情報

作・絵:たむらしげる

出版社:あかね書房

出版年月日:2007年5月

価格:1,200円(税抜)

対象年齢:幼児~

あらすじ

ある森の中に魔女の親子が住んでいました。女の子の名前はポルカちゃん。

今日はお母さんから部屋の掃除をたのまれました。でもポルカちゃんは、家のほうきがちょっぴり苦手です。

ポルカちゃんが「ほうきさん お掃除しましょう」と声をかけたら、ほうきは「やなこった。掃除なんか大嫌い!」と、逃げ出してしまいました。

慌ててしがみついたポルカちゃんをつれて、むちゃくちゃに飛びまわるほうき。

ガツン!と森の大きな木にぶつかって、ほうきが折れてしまいます。

ポルカちゃんとほうきは、仲直りできるでしょうか?

感想

たむらしげるさんの水彩画で描かれる不思議な森や、美しい空が魅力的です。そして、少しひねくれたほうきがかわいいです♪

「掃除なんか嫌い」と無茶苦茶に飛び回っていたのに、折れてしまった途端「うわーん、おれちゃった。もうだめだ、わーん」と泣き出すところが何とも言えません。

ポルカちゃんに接着剤で直してもらったほうきは、すっかりポルカちゃんと仲良しになっています♪まほうのほうきで空を飛び回って、とても気持ちよさそうです!

ところが、ばったり龍の雲に出会ってしまいます。空が急に暗くなり、どしゃ降りの雨と雷がポルカちゃんたちを襲いかかります。「こんなことなら、ポルカちゃんと掃除をしていればよかった」というほうきが、調子いいです。笑

「大丈夫、ポルカちゃんこっちへ!」

どこからか誰かの声が聞こえます・・・

そう!やっぱり最後に助けてくれるのは、お母さんの魔法です♪
最後は、仲良くおうちの掃除をして、みんなでシチューを食べます。お母さんの作ったシチューがあったかくてとても美味しそうです(^^♪
たむらしげるさんって、確か昔クリームシチューのCMも作っていましたよね☆

さいごに

いかがでしたか?

まほうのほうきで空を飛ぶのって、小さいころ夢見ましたよね♪ポルカちゃんとまほうのほうきの交流と、美しい空のイラストが素敵な絵本です♪

ぜひ読んでみてくださいね!(^^)!

絵本「まじょのケーキ」あらすじや感想

こんにちわ!ひちです(^^♪

今日はたむらしげるさんの絵本「まじょのケーキ」をご紹介したいと思います。

以前、NHKのてれび絵本でも放送されたことがあるので、観たことがある方もいるのではないでしょうか?(^^)

心温まるやさしいお話の絵本です♪
f:id:himawari3333:20190125164009j:image

「まじょのケーキ」情報

作・絵:たむらしげる

出版社:あかね書房

出版年月日:2002年10月

価格:1,200円(税抜)

対象年齢:幼児~

あらすじ

ある森の中に、魔女の親子が住んでいました。女の子の名前はポルカちゃん。

今日はポルカちゃんの誕生日です。ケーキに飾る木の実をとりに、ポルカちゃんは冬の森へ出かけます。森には、不思議な生き物がいっぱい!

ポルカちゃんは森の中で、枯れ木のような姿のオオカミと出会います。ポルカちゃんはオオカミに案内され、森の奥でほしのみを見つけることができました。

ポルカちゃんは、カゴいっぱいほしのみを摘み取り、おうちに帰ろうとしました。すると、 突然吹雪が降ってきます。

「こまったわ。おうちに帰れない」

すると、どこからか不思議な声が聞こえます・・・・・

感想

たむらしげるさんの描く優しいタッチの絵と、森の中のちょっと不気味でどこか愛嬌のある不思議な生き物たちがとても魅力的です。森の中の様子もとても幻想的で素敵です。

吹雪で帰れなくなったポルカちゃんを、お母さんが素敵な魔法で助けてくれます。お使いを頼んでいても、ポルカちゃんを優しく見守っているお母さんが優しくてかっこいいですね。

お母さんの魔法で無事に家に帰れたポルカちゃん。ほしのみで飾り付けられたケーキがとても綺麗です♪

ポルカちゃんは、お母さんに「願い事を一つしてろうそくを消してね」と言われます。でもポルカちゃんの願いは2つあるようです。ポルカちゃんは何を願ったのでしょう?

お母さんに少し目をつぶるようにいわれ、ポルカちゃんが目を開けると・・・

なんと森のお友達がたくさんお祝いにきてくれました!これがポルカちゃんの1つ目の願いでした。みんなで楽しくケーキを食べてお誕生日会をしました。

ポルカちゃんのもう一つの願いって何だろうね?●うしろのひょうしをみてごらん●で、絵本は終わります。

後ろの表紙を見るとポルカちゃんの優しい願い事が叶っていました。とても心温まる優しい物語の絵本です。

このお話は絵本も素敵ですが、以前観たNHK「てれび絵本」が、とてもよかったのが印象的です。楽曲を手掛けたが、「世界ウルルン滞在記」の主題曲が有名な手使海ユトロさんです!手使海ユトロさんといえば、「銀河の魚」や「クジラの跳躍」「ファンタスマゴリア」などたむらしげるさんの映像作品に欠かせない名コンビですね!!また再放送してくれないかな??

さいごに

いかがでしたか?

たむらしげるさんの描く、不思議な森と変な生き物たち、そしてポルカちゃんの優しさに心温まる素敵な絵本でした♪

ぜひ読んでみてくださいね!(^^)!

絵本「いろいろ1ねん」あらすじや感想

こんにちわ!ひちです(^^♪

今日は、「スイミー」や「フレデリック」、「あおくんときいろちゃん」で有名な、レオ・レオニの絵本「いろいろ1ねん」をご紹介したいと思います。

一本の木と双子の子ネズミが過ごす一年間が描かれています。訪れる季節の変化とそこで育まれる友情を描いたレオ・レオニ後期の名作絵本です。
f:id:himawari3333:20190118014047j:image

いろいろ1ねん」情報

作・絵:レオ・レオーニ

訳:谷川俊太郎

出版社:あすなろ書房

出版年月日:2000年1月

対象年齢:幼児~小学校中学年

あらすじ

1年のはじまる日、1月1日。双子のねずみウィリーとウィニーは、生まれて初めて雪の中を歩きました。すると「わたしはウッディ、木よ」と話す声が聞こえました。こうして、ウッディとねずみ達は出会い、移りゆく季節を共に過ごし、友情を育んでいきます。 

感想

絵本の形状が、縦に細長い形をしています。そこに、ウッディとねずみ達が出逢い過ごす1月~12月までの1年間が見開きで描かれています。雪が降ったり、雨が降ったり、春には花を咲かせ、秋にはおいしい実がなり、月毎に季節の移り変わりが描かれています。ウッディは1年を通して様々に変化していきますが、変わらず同じ場所で強く美しく立っています。ウッディと仲良くなったねずみ達は、度々ウッディのもとを訪れ、さまざまな話をして友情を育んでいきます。

季節の移りゆく様子や、ウッディとねずみ達の友情に、ジンと感動します。友情を深めた3人は、最後のページで12月を迎えます。クリスマスを迎え1年が終わる12月は、やはり何か特別な雰囲気を感じることができます。ねずみ達は大好きなウッディのために、クリスマスプレゼントを用意します。いったい何をプレゼントしたのでしょう?相手のことを考えて選んだプレゼントはどれもとても素敵なもので、3人はとても幸せそうです。

来年、3人はどんな1年を過ごすのでしょう?心があたたまる素敵な絵本でした。

さいごに

「いろいろ1ねん」はいかがでしたか?「スイミー」や「フレデリック」のように有名な作品ではないかもしれませんが、感動する素敵な絵本です。

小さなお子さまは、1月から12月までページをめくるたびに季節が変化していくので、1年の移ろいを感じることのできる絵本だと思います。ねずみとウッディの3人の友情に心温まる絵本ですので、ぜひ読んでみてください!(^^)!

絵本「クリスマスツリー」あらすじや感想

こんにちわ!ひちです(^^♪

今年のクリスマスも終わりかと思うとなんだか寂しいですね・・・(:_;)

 
クリスマスってなんでこんなにワクワクするんでしょうね?
プレゼントを貰えるから?

小さい頃の楽しい思い出が蘇るから?

 
クリスマスは街がイルミネーションで彩られるだけでなく、みんなが笑顔で幸せな空気に溢れているからかな?と思います♪

 
今日はそんな幸せな気分を感じることのできる素敵な写真絵本をご紹介します。
写真家の吉村和敏さんの「クリスマスツリー」です。

世界各地の美しいツリーが写真で紹介されています。

クリスマスに何故モミの木を飾るのか等、欧米のクリスマスの文化や、家族の暖かさが伝わる絵本です。

 f:id:himawari3333:20181225230805j:image

「クリスマスツリー」情報

写真・文:吉村和敏

出版社:アリス館

出版年月日:2010年11月

対象年齢:小学校中学年~

内容・あらすじ

今朝、今年はじめての雪が降りました。これから、寒さのきびしい、長い冬の季節がはじまるのです。

でも人々の心は高鳴っています。そう、クリスマスが近づいているからです。

12月25日のクリスマスは、イエス・キリストの誕生日。

1年のうちでもっとも大切なこの日は、家族が揃い、みんなでお祝いをするのです。

さぁ、クリスマスを探しに、旅をしてみましょう。

 

カナダやスイス、フィンランド、エストニア、チェコ等の世界各地の美しいクリスマスツリーを写真で紹介しています。また、その地域に住む家族のクリスマスの過ごし方や文化も、優しい文章で語られています。

 f:id:himawari3333:20181225230754j:image

感想

世界の美しいクリスマスツリーの写真に思わず息を呑みます。

12月になると、日本も至る場所でクリスマスツリーが飾られ、街中がイルミネーションに彩られます。しかし、この絵本に出てくるクリスマスツリーは、日本のような派手さはないですが、家族の暖かさや、人々の祈りのようなものを感じます。キリスト教ではないので、あまり詳しくはわかりませんが、日本にはないなにか厳かなモノを感じました。

写真を見るだけでも楽しめますが、なぜモミの木を飾るのか、リースを飾る意味なども知ることができます。大切な家族が集まり、本物のモミの木を手作りのオーナメントで飾り付けたり、クリスマスマーケットや教会など日本とは少し空気の違う、世界のクリスマスの文化に触れることのできる素敵な絵本です。

f:id:himawari3333:20181225230759j:image

さいごに

いかがでしたか?

美しいクリスマスツリー写真とともに、世界の文化を感じることのできる写真絵本だと思います。家族の暖かさやクリスマスの大切な思い出も感じる素敵な絵本ですので、ぜひ読んでみてください!(^^)!

絵本「サンタクロースと小人たち」あらすじや感想

こんにちわ!ひちです(^^♪

 

今日はクリスマスにピッタリの絵本「サンタクロースと小人たち」をご紹介したいと思います。

クリスマスの絵本はたくさんあるけれど、この絵本は「サンタさんはどこにいるの?」「普段はどのように過ごしているの?」という疑問に答えてくれる素敵な絵本です☆

f:id:himawari3333:20181222155519j:image

「サンタクロースと小人たち」情報

作・絵:マウリ=クンナス

訳:いながき みはる

出版社:偕成社

出版年月日:1982年11月

対象年齢:5歳~

受賞歴:ボローニァ児童図書展・エルバ賞推薦(1982)

    全国学校図書館協議会・選定図書(1982)

    日本図書館協会選定図書(1982)

あらすじ

オーロラの見える国フィンランドの遠い北のはずれに、工場や倉庫、飛行場のあるとても不思議な村があります。いったい誰がこんなところに住んでいるのでしょう。

ここには、サンタクロースが何百人もの小人やトナカイに囲まれて暮らしているのです。小人たちは、世界中の良い子へのプレゼントを用意するのが仕事です。だから、とても器用で、色々な職業の人がいます。

f:id:himawari3333:20181222235214j:image

大工さんの工場では、木の首飾りから野球のバットまで小人たちは何でも上手に作ります。本やゲームなど紙でできている物は、印刷工場で印刷します。

f:id:himawari3333:20181222235210j:image

秋が終わりになる頃、一番小さくてすばしっこい小人たちが、どこに良い子がいるか調査に出かけます。小人たちから、良い子の知らせをたくさん聞くと、サンタクロースはとてもうれしくなります。

プレゼントを包む仕事は、村中の小人たちが協力してやります。

いよいよクリスマスイブの日。世界中の子どもたちへプレゼントを届けるために出発です。
f:id:himawari3333:20181222235205j:image

感想

12月になると、本屋さんにはたくさんのクリスマスの絵本が並びますよね♪どれもクリスマスにちなんだ素敵な絵本なのですが、サンタクロースについて知りたい人には、この1冊をおすすめします☆

この絵本の作者マウリ=クンナスは、サンタクロースと同じ国である北欧フィンランドの人気絵本作家さんです。

サンタクロースは、どんなところに住んでるの?どうやって世界中の子どもたちにプレゼントを用意するの?普段はどんな暮らしをしているの?

そんな疑問に答えてくれる絵本になっています。

この絵本の特徴は、なんといっても細部まで描かれた楽しいイラストだと思います!サンタクロースや小人たちの1年の暮らしや、どのようにプレゼントを準備しているか等が、とても細やかな絵で描かれています。一人一人の表情やしぐさが丁寧に描かれており、絵を見るだけでも楽しく、サンタクロースの街への創造が膨らみます♪

おもちゃの倉庫や工場、小人の子どもたちの学校、飛行場など、サンタクロースの街にはワクワクするようなたくさんの魅力が詰まっています☆

サンタについて知りたい人にピッタリの、夢のある絵本です。
f:id:himawari3333:20181222155638j:image

さいごに

絵本 「サンタクロースと小人たち」はいかがでしたか?

ユーモラスな小人たちの表情やしぐさが丁寧に描かれたイラストを見るだけで、想像が膨らみワクワクするような絵本になっています♪

クリスマスの贈り物としても喜ばれると思います!(^^)!

サンタクロースについて知りたい人にぴったりの絵本ですので、ぜひ読んでみてくださいね☆

谷川俊太郎さんの絵本「きらきら」内容や感想

こんにちわ!ひちです(^^♪

みなさんの地域はもう初雪は降りましたか?

今日は冬にピッタリの美しい写真絵本「きらきら」をご紹介したいと思います☆

f:id:himawari3333:20181210152858j:image

「きらきら」情報

作:谷川俊太郎

写真:吉田六郎

出版社:アリス館

対象年齢:3歳~

出版年月日:2008年11月

内容

吉田六郎氏が撮影した約30点の美しい雪の結晶の写真と、詩人・谷川俊太郎が子どもたちへ向けた言葉が響きあった、幻想的な写真絵本です。

感想

みなさんは雪の結晶を見たことがありますか?

雪の結晶は、気温や湿度によって様々な形に変化し、同じ形は二つとしてないそうです。まさに自然が生み出す芸術品ですね。

 この絵本の写真は、科学映画監督で写真家の吉田六郎氏が、実際に北海道の大雪山のふもとに降った天然の雪をひとひらひとひら受け止め、顕微鏡撮影したものです。

ハラハラと舞い落ちてくる雪一つ一つが、こんなにも美しい雪の結晶だなんて、改めて感動しました。本当に魅了される美しさです。

その美しい写真に、谷川俊太郎氏の「きれいだね てんからおちてきたほしみたい」と詩のような語りかけが相まって、幻想的な絵本になっています。

お子さんに、雪に一つ一つはこんなに美しい結晶だということを伝えるのにピッタリの絵本だと思います。1歳の息子も雪の結晶の写真に「きれーいきれーい」と喜んで見てくれます。自然が生み出す美しさに勝るモノはありませんね。

まとめ

いかがでしたか?科学絵本というと、長くて小難しい説明が多い印象かもしれませんが、この「きらきら」は、普段はなかなか肉眼で見ることのできない美しく儚い雪の結晶の写真に、谷川俊太郎氏の優しい語りかけの絵本です。小さなお子さまから大人まで、美しい雪の結晶に魅了される1冊になっていると思います。