ひちめも

木のおもちゃ、絵本、時々好きなこと

【絵本】梅雨におすすめ!スイミーでおなじみのレオ=レオニ作「せかいいちおおきなうち」

こんにちわ!ひちです(^^♪

 

毎日蒸し暑いですね。

今日は、梅雨の時期におすすめしたい絵本を紹介します。

 

小学校の国語の教科書にも載っていた「スイミー」でおなじみ、レオ=レオニ作の「せかいいちおおきなうち」です。

 

かたつむりのお話です。

f:id:himawari3333:20180701100630j:plain

レオ=レオニとは

作者レオ・レオニ

小さい魚が集まって大きな魚に立ち向かうお話は、多くの人の遠い記憶にあるのではないでしょうか?それは「スイミー」という絵本のお話で、作者はレオ・レオニという世界的なアーティスト。レオ・レオニは子供のための絵本を沢山生み出しました。現代美術アーティストとしても有名なレオ・レオニの世界をご紹介いたします。

レオ・レオニは1910年オランダに生まれました。イタリアで暮らした後、米国に亡命し、イラストレーター、グラフィックデザイナーとして成功を収めます。その後再びイタリアへ帰国し1999年イタリアのトスカーナで亡くなりました。「スイミー」「フレデリック」「アレクサンダとぜんまいねずみ」3作品でカルデコット賞を受賞。その他にも米国、ドイツなどで多くの賞を受賞しています。

 

教科書にも登場

日本では、「スイミー」「フレデリック」「アレクサンダとぜんまいねずみ」などが、1977年から小学校2年生の多くの国語の教科書に掲載され、広く親しまれています。

 

たくさんの絵本

NYで第一線のグラフィックデザイナーとして活躍していた49歳の時、一緒に電車で移動していた孫のために作られたのが「あおくんときいろちゃん」。これがレオニの最初の絵本となりました。その後も「フレデリック」を始め数々の絵本を発表し、日本でもその多くが翻訳出版され多くの人に親しまれています。

http://www.leolionni.jp/modules/sakusya/

スイミー―ちいさなかしこいさかなのはなし フレデリック―ちょっとかわったのねずみのはなし あおくんときいろちゃん (至光社国際版絵本) じぶんだけのいろ―いろいろさがしたカメレオンのはなし

 

「せかいいちおおきなうち」のあらすじ

 おいしそうなキャべツにかたつむりたちが住んでいました。背中にうちを背負って、葉っぱから葉っぱへ、ごはんのたびに引越しをしています。
ある日、ちびかたつむりが言いました。

「ぼく、大人になったら世界一大きなうちがほしいな」

それを聞いたキャベツ一利口なお父さんかたつむりは、ある話を始めました。

世界一大きなうちを持ったばかりに、動けなくなってしまったかたつむりのことを。

 英語版では「The Biggest House in the World」です。

感想

物質的価値ではなく、精神的価値の素晴らしさを描いた絵本だと思います。

人間はどうしても、他人と比べたり、良く思われたかったりするものです。そのため、高級品やブランド物で身を固めしまうこともあります。でも幸せは持っている物だけ決まるのではなく、もっと素晴らしい世界があることを学べます。

物欲多めな私には、少しドキッとする内容でした。モノで満足するのではなく、心豊かに過ごしていきたいと思えた作品でした。

 

お話自体は教訓を説く、わかりやすい内容ですので、お子様も楽しめると思います。レオレオニの作品は哲学的でもあるので、大人の方も考えさせられる魅力があります。

 

 

さいごに

いかがでしたでしょうか?レオ=レオニの作品の中では、あまりメジャーではありませんが、私の好きな絵本です。

絵がかわいく、綺麗なところも魅力のひとつですね!

ぜひ一度、読んでみてください(^^♪

レオ=レオニの他の作品についての記事はこちら↓↓